吉祥寺グルメで生きている元芸能MGゴロリのグルメブログ

主に吉祥寺グルメを中心にブログを書いてます。特に吉祥寺のランチには絶対の自信をもっています。元芸能マネージャーのグルメバカgororiです。日々の身近なグルメから芸能人がこそっと訪れるグルメまで、美味しい物を探し当てる嗅覚、情報力で出会った食べ物達(たまにエンタメ)について綴っていきます。「グルメ」×「エンタメ」

ペヤングチョコレート味ギリ、すしざんまいの初競りマグロに学ぶ広告学概論

 

f:id:koki08:20170121194250j:plainf:id:koki08:20170121194250j:plain

 

 

「ふっ、引っかかったのは貴様の方だったな!」

「トラップカードオープン 義理チョコの無力化」

「このカードの効果でペヤングチョコレート味のバレンタイン効果を無力化」

 

絶対日本中のどこかでバレンタインデーにペヤングチョコレート味を義理チョコとして渡してくる人がいると思う・・・

 

せめて本物のチョコにしてあげてくれ、非モテな私たちにどうか・・・

 

どうもゴロリです

 

ここから真面目になります・・はい・・・

 

なぜペヤングのチョコレート味というものを出すのだろうか?

多くの企業が、絶対美味しくないだろうと思うものを出したりしなかった

 

しかし、いや確実にこのチョコレート味の狙いは広告効果だろう

 

ここで少し違う話をしてみよう

今年初め、すしざんまいの社長が7420万円で初競りマグロを落札した。

www.huffingtonpost.jp

いまや名物となった、すしざんまいの初競りマグロ!

どうして毎年高額なお金を払ってまで初競りマグロを買うのか?

 

2017年の初競りのマグロは

212kgの大きさだったのですが

それをすしざんまいの売上に換算すると


「ざっくり242万円」

なのだそうです


どうして、そんなに損をしてまで
マグロを競り落とすのか?

その答えがペヤングチョコレート味の狙いと一緒なのです
今日はその秘密を解説していきたいと思います

 


実はこれ

まったく【損】じゃないんです


それどころか

むしろ【大きなプラス】になっています。


なぜなのか?

頭のいいあなたは

察しがついているかもしれませんが

「初競り自体が宣伝になる」

からです


このマグロの初競りが例年、

多くのメディアなどがこぞって

「すしざんまいが7420万円で初競りマグロを落札!

というようなニュースを流します



つまり

凄まじい数の人々が


「すしざんまいの存在を、年初に

 初競りマグロのニュースで認識する」

ということなんです


「初競りマグロを7,420万円で落札したことを

 すしざんまいの宣伝広告費として考えると、、

 めちゃめちゃお得!」

なんです

ではペヤングチョコレート味の話に戻しましょう

ペヤングはこのチョコレート味で売り上げを上げようと思っているわけではないのです

 

ペヤングはこのチョコレート味という商品で「ペヤング」というブランドそのものの宣伝をしようとしているのです

 

焼きそばにチョコレート味!?!?!?!?

と絶対ネットのメディアや有名youtuberは取り上げますよね^-^

 

結果宣伝効果となって通常のペヤングの売り上げは上がるのです 

 

このニュースを見て

「なんてお金の【使い方】が

 上手なんだろう」

と思わずにはいられないのです

多くの人、多くの企業が”売上を上げる”ということに

目が行きがちになります

 

しかし、

「成功し続けている人や企業

 お金の使い方がすごく上手」

 

私たちも”違う視点”を持って2017年を過ごしていきましょう